休日のこころみ

これまでやり残してきたことや、やりたいことにチャレンジするためのブログです

「やりたいことが見つからない」人の「やりたいことの見つけ方」

今の仕事や生活に満足しているわけではないが、取り立ててやりたいことがある訳でもない。

やってみたいことが無いわけではないが、現実的には難しいので無理。

先が見えないこの世の中、このままでいいのか・・・。

 

そんな風に思っている人は、結構いるのではないでしょうか。

 

そんなあなたにお勧めしたいのが、ジュリア・キャメロン著『ずっとやりたかったことをやりなさい』という本です。

 

この本を読むと、奇跡が起きます!

やりたいことがどんどん出てきます!

毎日、ワクワクします。

 

〈 目 次 〉

 

1.  やりたいことの見つけ方 

・「モーニングノート」をつける

やりたいことの見つけ方というと、「まさか、やりたいこと100個書けとかいうんじゃないでしょうね!?」とお思いかもしれませんが、ご安心ください。

 

まず初めに、「モーニングノート」をつけることから始めます。

 

「モーニングノート」というのは、朝、日記をつけることです。

 

夜、日記をつける人は多いと思いますが、朝、起きて一番はじめに書きます。

 

しかも、A4ノート3ページ!

 

そんなに書くこと無いよーと思うかもしれませんが、人に見せるものではないので、頭に浮かんだことをツラツラと書いていけばいいのです。

 

書くことがなければ、“書くこと無いなー”でもok。

 

 

そういえば、俳優の福士蒼汰さんのインタビュー記事にも、「朝日記始めました。」なんて書いてありました。

 

そもそも、私がこの本を手にしたのも、YouTube大学の中田敦彦さんが実践して、「本当に凄い!」って言っていたからでした。

 

・「アーティストデート」をする

次にすることとして、「アーティストデート」というのがあります。

 

これは、週一回2時間ほど自分自身とデートをするというものです。

 

散歩でもいいので、自分が心地いいと感じることを毎週欠かさずします。

 

デートなので、一人で出かけます。

 

私は、温泉によく行ってました。

 

週の中のたった2時間ですが、意識しないと、なかなか時間が取れませんでした。

 

 

「モーニングノート」や「アーティストデート」のほか、幾つかエクササイズがありますが、特に、大切なのはこの2つです。

 

 

 2.  「モーニングノート」や「アーティストデート」をすると、やりたいことが見つかる!できる

「やりたいことなんて考えたところで、できる時間もないし、考えるだけストレス」とか、「ずっとやりたかったことをやれって言ったって、それが分からないのにどうやってやるっていうんだよ。」と、私も最初は思っていました。

 

しかし、「モーニングノート」と「アーティストデート」をした結果、書いたことは意識していないのに、書いた通りの現実となってます。

 

私の場合、「モーニングノート」や「アーティストデート」を実践して1か月後には、多忙な仕事から離れて、冬ごもり生活を楽しめるようになりました。

 

「モーニングノート」は、朝書くので、1日の出来事に左右されません。

 

その結果、前向きに、冷静に物事を判断できます。

 

また、朝から自分の考えが整理できます。

 

「モーニングノート」を通して、本当はどうしたいのかという発見がたくさんありました。

 

そして、自然に自分が求めている方に歩き出すようになりました。

 

 

「アーティストデート」は、自分と遊んであげる時間をつくります。

 

その結果、自分の中に眠っていたワクワクする気持ちが表に出てくるようになります。

 

そして、次から次へとやりたいことが湧いてくるようになりました。

 

 

「やりたいことの見つけ方」は、自分の心と正直に向き合って、自分を喜ばせてあげることでした。