休日のこころみ

これまでやり残してきたことや、やりたいことにチャレンジするためのブログです

初めてのメルカリ〜本が売れた〜

いまさらメルカリ?と思う人は多いだろ。

いまさらなんです‼️

 

メルカリがはやり始めたとき、とくに買いたい物も売りたい物もなく、「そのうち、そのうち」と思っているうちに、すっかり乗り遅れてしまった。

乗り遅れてしまうと、(メ、メルカリって、どこからどうやって入るの・・・? どういう仕組み?)となり、メルカリの扉を開けることができなくなっていた。

 

そこで、夫と子供に「メルカリ使ったことある?」と聞くと、二人とも「あるよ!」とのこと。

(いつのまに!?)

世の中だけでなく、家庭内でも取り残されてる・・・。

これ以上、世の人々が当たり前にやっていることを、避けているわけにはいかない!と一念発起し、子供に教えてもらうことにした。

 

まずは、メルカリのアプリを入手。

スマホ歴2年、メールと通話中心だったため、アプリという概念がまだなじんでいない。

しかし、アプリさえ入手すれば、あとは何とかなりそう。

とはいえ、まだ買いたい物も売りたい物もないので、しばし、静観。

 

数ヶ月後、“読みたい本現る❗️”

アマゾンとメルカリで中古本を検索してみる。

アマゾンの中古本は値崩れなし・・・。

メルカリは全部売り切れ・・・。

ということで、本屋で新品を購入する。

 

次のメルカリ利用のチャンスは、読み終わった本の出品。

夫も子供も、まだ出品の経験はない。

ここで、新参者の私がメルカリで本を売ることができれば、一気に形勢逆転か〜!?

 

さっそくYouTubeをいくつか見て、見よう見まねで出品してみる。

すると、ものの数分で購入のお知らせメールが届いた❗️

(もう売れたの!? ま、まだ、心の準備が・・・)

ひとまず落ち着いて、出品の最終確認をし、セブンイレブンに向かった。

 

セブンの店員さんに、「メルカリで送りたいんですけど」と言うと、「はい、はい」と二つ返事が返ってきた。

(こんな田舎なのに、メルカリは浸透しているのか?)と、いまさらながら驚いた。

店員さんからは、レシートと送り状に似たものが渡された。

(・・・なに? これはどうすればいいの???)

わからないので聞いてみる。

 

透明のポケットがついた送り状みたいなものは封筒(箱)に貼り、レシートはそのポケットの中に入れて、店員さんに渡せばいいらしい。

無事、店員さんに商品をお願いし、お客様用控えをもらってセブンを出た。

 

しかし、まだ気は抜けない。

「発送しました」という処理と、購入者へのお礼をスマホで送り、そこで初めてホッと一息。

出品と発送という作業がおわり、初めてのおつかいを果たした子供のような気分にしたる。

家に帰ると、メルカリの出品方法について、得意げに夫に説明する。

 

売上金は、購入者が評価をするとメルカリのマイページに反映されるらしい。

ドキドキしながら2日ほど待つと、売上金が反映されましたー(^.^)

でも、この売上金はどうやって使うの?

 

売上金を銀行に振込むようにすると、手数料200円が取られるとのこと。

ささやかな売上金から手数料を引かれるのは悲しいので、IDかメルペイで決済できるように設定する。

 

PayPayやSuicaと同じような電子決済のツールが、また増えてしまった。

いっそのこと、電子決済を一本化してくれればいいのにと思う。

 

メルペイ残高は、人に送ったりもらったりもできるらしいので、試しに、売上金の端数98円を夫に送ってみた。

無事に送金でき、二人で「おお〜」と感嘆した。

 

実際に、メルカリはたまにしか使わないかもしれないけど、いろんな仕組みがあっておもしろかった。

知っていれば、何かの役に立つかもしれない。

世の中で流行っているものは、何でもやってみるもんだな〜と思った。

 

しかし、ネットで便利な世の中になることはいいことだけど、そのうちついていけなくなるんじゃないかと心配になる。

知っている人や便利な機能を使いこなせる人は得をして、そうでない人はその恩恵にあずかれないという社会になるのかな。

それはそれで、少しさみしい気がする。

 

とはいえ、まだまだチャレンジしますよ〜❣️

初めてのことにドキドキしながら挑戦したり、できなかったことができるようになるのは、幾つになってもうれしいことだから。